arketブログ

arketのblogです。 色々作ります。

親知らずの抜歯が痛くなかった話

下奥歯に1本親知らずがあった。
痛くはなかったが、食べ物がよく詰まったりしていたし、
歯並びへの影響も考え、少し前に抜歯してもらった。



これまで歯医者で抜歯をした事が無く、その歯医者もここ10年程行っていなかった為に
足取りは重く、異常にビビっていた。
しかし、想像以上に親知らずの抜歯は痛くなかった。
歯の生え方や医者の腕にも関係すると思うが、とにかく術中に痛いと感じる事が無かったのだ。
(麻酔の注射すら、事前に塗り薬で処置部を麻痺させる為、痛くない。すごい!)


麻酔は2本打って傷口は縫ってもらった。
検査から手術まで合わせて1時間程。抜歯はいっぺんに引き抜くのではなく、
親知らず自体を数カ所に分けて切断し除去する方式。



流石に麻酔が切れて、手術初日は苦しむ覚悟でいた。(下の親知らずは上より辛いと聞く)
歯医者の先生も「すごく腫れたりする事もあります」と話していた。
が、麻酔が切れた後も我慢する程痛くなかったし、まったく腫れることもなかった。


自分の親知らずの生え方がたまたま良かっただけかもしれないが、今回の勝因は

  1. 口腔外科を専門とした歯医者を探した。
  2. 術後は薬をしっかり飲み、ひたすら寝ていた。
    • 薬飲むか寝る以外の事はしていなかったので、休日に抜歯がおすすめ。
  3. 抜いた場所は絶対いじらず刺激しない。
    • 鏡で見るといじりたくなるのでなるべく見ない。
    • 固形物の食事はパスして、抜歯当日はなるべく口をゆすがない。

の3点だと思う。


こんな事なら親知らず、もっと早く抜いておけばよかった・・・
そして今回の検診で虫歯が5本近く見つかってしまった・・・
俺たちの戦いはこれからである。