読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arketブログ

arketのblogです。 色々作ります。

夏なので怖い話をしたいが

特にネタもないので、夏だし怖い話などしたかったのだが、

幽霊とかで怖い思いをした事も無いし、あまりそういうのは信じていない。

怖い話は好きなんだけれど。

 

記憶を捻り出した結果、こういう体験を思い出した。

 

 

当時4~5歳くらいだった私。

祖父が亡くなったという話を聞いて、朝から車で祖父の家まで行くことになった。

色々事を済ませて、さぁ帰ろうかと元の道を車で帰る。

夜になり、辺りはすっかり暗くなっていた。

 

今思うと、あれは読谷村という地域の道路を走っていたと思う。

記憶がやや曖昧なのだが、後部座席に乗っていた私が

突然大泣きしたらしい。

 

人前で大泣きしたりするタイプではなかったので、

周りが何事かと私に尋ねると、「物凄い怖い看板を見た」と話したようだ。

「とても大きい看板にガイコツの絵が描かれていた」と。

 

車に乗っていた他の人間は、そんなもの全く見なかったと言う。

夜だし、暗いから何かと見間違えたんじゃないかと。

ただ、長方形で黒地の看板にガイコツが描かれていたのは、

今でも何となく覚えている。

しかもそいつは大きい鎌を持っていて、まさに死神なんだな・・・・

 

 

 

あんまり怖くないね・・・

今思うと、これ飲酒運転死亡事故防止の看板だったんじゃないかな

って思うんだけど(当時の沖縄は特に酷そうだし)。

自分以外、誰もその看板を見ていないってのが少し不思議だけど。